スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

撮影に関しての後書き

長くなったので分け。

さて、ここからは技術的な後書きで。
「ベジヤの戦い」ではカメラワークが今までのよりだいぶ変わりました。
視聴者の皆さんもそれを認識していると思います。

今回、撮影に際してトータルウォーに付属しているツール"movie.cam"を使用しました。
これを使うことによって映画っぽい映像を撮影することができたのです。

ただこれ一応マニュアルもあるのですが全て英語で使用方法も結構独特なのでだいぶ理解するのに時間が掛かりました。

"movie.cam"を使用し始めたのはたしか第十五話辺りからなのですがこう、流れるようなカメラ移動ができずほとんど定点撮影でした。

マニュアルを自動翻訳にかけつつ、仕事と動画製作の合間に試行錯誤してしばらく経ったときに偶然が幸いして使用方法を理解する事が出来ました。たしかこれが第十六話中編辺り。

で、あとは撮影というわけですがこの時期から仕事が急激に忙しくなり、動画製作だけで精一杯になってしまいます。

それでも合間をぬって撮影。
撮りたいシーンは大体頭の中に入ってましたが曖昧なところは絵にしました。
まさか、絵コンテを描く事になろうとはw

そして実際撮影。本当に映画の撮影のようだった。
スタート前に「5・4・3・・・・」とカウントして終了時に「カット!」って言ってましたよw

NGも多く出しました。
戦闘全体がカスタムバトル(自由に戦場を設定し、COMと戦うモード)なのでCOMが自分の考えたとおりに動いてくれなくだいぶ苦戦しました。

特に多かったのはその一の始まってすぐ兵士達の足元が画面外から入ってくるシーンと
その二のアラエ騎兵集団第一陣がカルタゴ混成騎兵群に突撃するシーン。
合計で16回ぐらいは撮り直しました。

あ、空撮がすごいという※が多いようですがこれらは一発おkでしたw


最後にエンコに関して。
そろそろVP6での画質に限界を感じてきました。
トータルウォーのような動きの激しい3Dのゲームはどんなにビットレートを上げても画質が・・・。
編集段階ではもっと奥の兵士まで細かく見えたのですが。

h,264とやらに変えてみようか考え中です。




さて、まだまだ"movie.cam"を完全に理解したというわけではありません。
これからも精進していきたいと思います。
それにしても今回の動画製作でSIN329氏(注1)の偉大さを思い知りました。




注1:ようつべやニコニコに映画的なダイナミックトータルウォー(ローマ、メディーバル2)動画を上げている方。
    トータルウォーシリーズ以外にも様々なゲームの動画を製作しておられます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。