スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイマス・トータルウォー第十五話後編後書き

やあ、どうも。
すみません、うpが遅れてしまって。
ここんとこ、色々あったんです。

昨日は仕事あったのですが休みました。体調えらく悪かったし。動画上げたかったし。
今日は本当に久方ぶりの休日でした。
いかん、何かアホな文章だ、これじゃ。
まだ疲れが抜けてないなぁ。

いや、本当に先週、先々週とすごーく忙しかったんですよ。仕事的にも動画製作的にも。
今期から入った新人君が結構ドジっ子で。
いや、とてもかわいくて、良い子なんですがね。(容姿ということではなく人間的に、という意味で)
その新人君が前々から自分とこの部署が作り貯めてたデータをミスって消してしまいまして、その部署総出で補完という。
とりあえず泣きそうな新人君を慰めつつ、腕利きを集めて、フォローフォロー。
徹夜も何日したことやら。

中小企業ってここらへん少数精鋭になって大変だ。

日曜に一旦家に帰って動画製作をしていたら自分も誤って今まで作っていた動画を全て消してしまって、いやぁー焦った焦ったw
バックアップとってましたから何とかなりましたがw

月曜にデータ補完が終わって、午後で上がってあとは動画製作で火曜朝に完成でうpうp。
で、火曜、水曜(今日)の夕方まで爆睡して、その後はデータ補完の間、ずっと落ち込んでた新人君を励ます為に「カルタゴ」(地中海の国々、チュニジア・モロッコ・エジプト・レバノン・トルコなどの料理を出しているおいしいお店。お薦め。詳しくはググってね!)っていうレストランでご飯を食べてきて、帰宅。今に至るという。

新人君も「次は気をつけます!がんばりますから!」と言ってくれてよかったよかった。
根性あるね。やっぱり良い子だ。うんうん。
ご飯代奢った甲斐がありました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・。
・・・・・・・・・・・。
・・・・・・。
・・・。






あれ!?後書きじゃなくね!?

すみませんすみませんorz 今から書きますorz

今回は完成を急いだせいか、大分作りが甘い感じになりました。
もっとBGMやムービーのとこ凝りたかったんですが・・・orz

さて、その一ですが雪歩は実は和平交渉ではなく、内部情報を明け渡し、ローマに協力するために来たのでした。
ここら辺の展開に対する反応が怖かったんですが、概ね、受け入れられているようでよかった。

勘の良い方ならもうわかっているかもしれませんが雪歩は「保険」の為にこの度の行動を取りました。

で、助命に関してですが、これは深読みすると結構怖いという。
雪歩はハスドルバル、ボミルカル、カルタゴ市民、そして「一部」の上級貴族と言いました。
※にわかっている人、いましたね。
そう、「一部」以外は好きにしてかまわないというわけです。



そしてカトーがやはり反対しましたがこれはまあ、彼の立場からしたら当然ですね。
でも、千早は押し通しました。クイントゥスやテルティウスも千早に味方。
千早にとって理想の「大義名分」ができますから。
テルティウスも自分の考えを実行するのに大きな助けになりますし。

今後、カトーはどう動くのか。



ポン}に反応する方、多数。
いや、別にマイリスのネタを奪われたわけではありませんから気にせず気にせずw

印鑑のようなモノは、それはもうⅠ.T.Wの時代より前から存在していました。

パピルスより前、石版が書籍の主流だった頃は焼く前の粘土の時に押してました。
上から押す印鑑タイプからコロコロ転がして跡を付けるタイプまで様々。



誓約を結ぶときに神々の名前がでていますが多神教はその名の通り、様々な役割を持つ神様がいーっぱいいます。

例えば千早の上げた「信義のフィデース」というのは信義・忠誠・誠実を司る女神で主にローマが外国と同盟や条約を結ぶときに挙げられました。
カピトリウムの丘というところに神殿があり、その神殿の壁に条約や同盟国との契約の内容が記されました。
他にも疲労の女神やマラリアなどの熱病の女神、パンを焼くかまど限定の女神()とかドアの神(!!)、終いには髭の神(!!!)なんてものも存在し、ちゃんと信仰されてました。
万物に神が居る。まるで日本の八百万の神々のようですね。
ローマの神々だけで自分が知っているものでも優に六十以上。

また、同じ神様でも名前がいーっぱいあるというケースも多々ありました。
例えば最高神ユピテルはトタンス(雷を鳴らす者の意)、ディエスピテル(神々の父親の意)、カエレスティス(天上の神の意)など。

これはローマ人が神話を作る際、ギリシャ神話とラティウム(ローマがある地方)や他の地方の土着の神話を融合させた為、同じ役割を持つ神が同一視されたから、というのが有力な説です。
また、時代が変わるにつれ元々いた神様が別の神様に役割を乗っ取られ、忘れられるというケース解釈の違いから神から魔物として意味合いが反転してしまったケースもありました。

ものすごくいっぱいいたからローマ人本人達もわからなくなってしまったんでしょうね。





その二ですがタイトル変えたのは単純に字数オーバーしてしまった為。
わかりにくかった人ごめんなさいorz

で、前々から噂されていたアラエ騎兵集団の指揮官さんが登場。
それでちょっと勘違いしてる人、多いのですが彼は某動画の有能なナマケモノような人じゃありません。

仕事はちゃんとやる働きアリな人です。
ただ、政争に巻き込まれたくないから出世したくないだけで。

うーむ、自分の表現力不足を痛感。



で、最後のカルタゴの軍勢ですが、率いるのは誰なのか。
雪歩の運命は!

というところで狡猾に引き。



・・・何か言いたい放題、補完しまくりでほんとすみません。
こういうのは動画でしろ!って感じでほんとにもうorz

で、では、第十六話で。つーか、長っ!!!
スポンサーサイト

Comment

No title

いつも楽しい作品をありがとうございます。
今回の引きは次が楽しみになりすぎです。
無理しない程度でできるだけ早くお願いします。

うぽつ!

なんだかえらくご無理をなさったようで。
視聴者としてはこの上なくありがたいことですがどうぞご自愛くだされw

やっぱり紙芝居パート面白いなw 映画みたいな絵面だけでもすごいのになんて贅沢な動画なんだ!
それにしてもちーちゃんのバックにあの4人が並んだ光景はすごいなぁw さらに裏にはハイスペックな二人、父上といおりんの存在を考えるとなんかもうガチ過ぎるw わくわくする!たまらん!
ゆきぽはちゃんと出自的なバックはあったんですな。そしてユキポニア街道!
弟君の腹黒い台詞はちーちゃんの傭兵のくだりの自己オマージュですよね。こういうちょっとした仕掛けも楽しいなぁ。
そしてアラエの隊長さんも何だか面白いキャラになっちゃってw
迫り来る者達、ゆきぽの行為がフィデース・プーニカになるフラグもビンビン。
なんだかとりとめもなく書き連ねましたが興奮の為せる業ですごめんなさい!
さてさて!

No title

コメントありがとうございますorz

>Norickさん
こちらこそ、いつも拙作を見ていただけるだけでなくコメントまでしていただいてありがとうございますorz
こういうコメントはやっぱり励みになります。
な、なるべくはやーく上げたいと思いますorz

>てんやくP
や、いつもありがとうございます!w

いやはや、今回は無茶しましたw

や、もう恐縮するばかりで、はい。
雪歩はいちおー、こんな裏設定があります。
街道も・・・ほら、やっぱりガテン系アイ(ry

アラエの人はこんな感じでイキマス。
迫り来る軍勢、雪歩の運命は!って感じで狡猾に引き。

いやはや、怨まれそうですw

お疲れ様でした!

“ここ一週間のあとがき”面白かったですよw

相談すればきっと反対される。だから誰にも言わずに一人で行く。
っていうのは痛いほどわかったのですが、事態は雪歩の望まぬ方向へ……。雪歩も分の悪い賭けだというのはわかっていたのでしょうね。でもだれか一人にでも相談できていればなぁ、と思わずにはいられませんね。特に迎撃に出てきたカルタゴの軍隊を見た時は……。
篭ってもしょうがないと思うのもわかりますし(相手は結果的に虐殺を敢行したローマ軍ですもの)、誰も責められませんよね。つらいところです。描かれる方も大変でしょうががんばってください!

アラドの指揮官さんはいいキャラですねえw 本人出世したくないと言ってますが怠け者ではないんですよね~。しかもどちらかといえば有能。この条件だけで放っておかれる可能性は激減ですが、それでもちゃんと仕事してしまう指揮官さん。いい人というか天然というかw そこはかとなく腰痛Pの影響が見受けられてニヤニヤしてしまいましたw

次回も楽しみにしてます! どうか体にご無理をかけませぬように……。長文失礼しました~。

No title

>涼さん
コメントありがとうございますorz

雪歩はやはり誰にも相談できませんでした。
各々、やることがあり、話しても止められる事は明白ですし。
何と言っても命に関わります。

まあ、びくびくしつつもがんばってみたら相手が千早だった、というのが幸運だったと。
史実でも(古代というか人類史全般)結構よくあったことですが殺される、相手にされないということも多かったですしね。
もちろん、指揮官によっては受け入れられたことも。
ちょっとネタバレ↓
実は雪歩はこの結果も予想できています。誰が軍勢を率いてくるかの事も。

アラエの人は何だか愉快な人になりましたw
怠け者では間違いなくありません。
自分の職務を理解していますし、何より「ローマが勝たなきゃ」今後の意味がないですからね。
天然で変に勘違いされる人っぽいw

まあ、確実に更新はしていくので気長にお待ちください・・・orz

No title

色々とお疲れ様でした。

そこまで大事になって重労働を強いられても、新人への不満をぶちまけないのは立派です。
自重されているのかもしれませんが、時々吐き出すのも良いかと。

だって人間なんだもの

No title

>>名無しさん
コメントありがとうございますorz

いや、そんな立派だなんて!
新人君は新人だからミスって当たり前かなと思っているものでまあ、仕方ない仕方ないという感じなんです。

あー、でも不満というか何と言うか言いたいことはⅠ.T.Wの方でいくつかあるのですが、まあ、言ってもしょうがないことですから。
反転↓
それに作者だからと言ってこういうところで不満やら何やら吐き出すとヒンシュク買いそうですしねー。

他のPさんはどうなんでしょうね。
不満とかあるんですかね。

No title

そんな事が起きていたとはwおつかれさまでした。
しかしケントゥリオPのナイス上司っぷりに感動した!

>神さま
ローマ人は他所の神さま見て似てるとすぐ自分の所の神さまと同一視しちゃいますよね、カエサルもガリア戦記でガリアの神さまの名前ローマの名前で呼んでるしw注釈が無いとこんがらがるw
あと七生さんの本でローマには神さまが三十万いたって読んだですがソースが見つからないー。

>ゆきぽネタバレ
むむむ…!?

>アラエの
この人Q様やP隊長よりちょっと若いくらい(30代中盤)ですかね~? 祖父は既に亡くなってて妻がいてかわいらしい子供たち(複数形)がいて。

>言いたいこと
せっかくの個人blogなんですし言っちゃいましょうよ、顰蹙を買わない程度に!w
一人の熱心なファンとしても作者がどんなことを考えているのか知りたくもあります…w
自分は…! 最初は語学の方からローマ世界に入ったもんで母音の長短の区別が無いの所にとてもアウアウしてますw(ラテン語学習で母音の長短間違えるとチョー怒られるw)支援動画や補完wikiの方でも(一人で勝手に)苦んでたりするw でも歴史系の本だと母音の長短を敢えて示さない(ただし「ローマ」とか「カトー」みたいに慣用的に長音で通ってるのだけ長音で表記する)のが普通だからこれはちかたないと思ってます(P殿にどうにかしろとか絶対言わないのでご寛恕をw

No title

>てんやくP
コメントありがとうございますorz

いやー、自分としては新人の面倒を見るのも楽しいものでして。
根性あってかわいいですしねー。
やる気の無い子だったらやりませんが。

>神様
ローマ人の傲慢さがちょっと見え隠れしてますよね。
よその神様も自分のところの神様の名前で呼んでしまうというのが。
いや、ただ単に面倒だったのかもしれませんがw

>アラエの人
うーむ、特にこれといった年齢は考えてません。
妻と子供達がいて~ぐらいですかね。

>言いたいこと
言いたいことというか不満は色々あります。
再生数伸びないなーとか。
いや、これは自分の更新が遅いからというのはわかっているのですが。

あとは何ですかねー。反転。

とりあえず一つだけ。
この時代はこうだから、それはねーよ。と言われるのが実は一番ダメージ大きかったりします。
何だか「こういう展開にしろっ」って言われてるみたいで。
例えば十五話の雪歩の助命嘆願に関してとか。
確かにクイントゥスや千早のような考え方をしていて雪歩の助命を受け入れるようなケースは非常に珍しいですが皆無であったわけではありませんし。
その中で「有り得ん」と言われると凹みます。結構。


他にも色々と突っ込まれたりしてます。
時代にあった風習やら考え方やら。
てんやくPもご存知だと思いますが古代に関する資料はガセやそこまでいかなくとも主観や思い込みで作られている事もあり、情報が錯綜しています。

何せ年代が古すぎますし。何が正しいかはわかりません。
もちろん立証できているのもありますが。

あー、何て言えばいいのやら。
もっと色々調べて多方向から見て「から」突っ込んで欲しいんですよね。
歴史好きの方に多いですが自分の見た資料だけが「正しい!」と思い込んでしまって他人に対して変に攻撃的に否定する人とか。

いちおー、自分のマイリス解説は色々複数の資料を読んで、客観的に「これは有り得たんじゃないかなー」というのを書いてます。立証されてるのも。

でも、※の人達がどんな資料をみて言ってるかはわからないからしょうがないことなんですが。



あー、すごい自己中だー。自己嫌悪。
これを読んで不快に思った方がいたら申し訳ありません。


今はこれだけにします。
さー、続編製作に戻るぞー。

No title

ケントゥリオPのこのシリーズがひたすら楽しみで、時々最初から見直したり
しながらゆっくりと全裸待機してます。二度、三度と見ると最初とは違った面が
見えてきたりと、一粒で何度でも美味しい丁寧な作りに頭が下がります。

というわけで、秋風が吹く頃までには続きが…なんて。

横レスであります

>反転
居ましたねぇ、そんな人がけっこう。
見てる側は読み流せばいい(そもそも動画の内容にイチャモンつけるコメントは嫌い。世界が狭すぎる)のですが、作者さんはそうもいきませんもんねぇ……。
歴史好きの方は、その欲求を満たす方法が発散にいきがちですから気持ちはわからなくないんですけどね。なにもこんな所で虚栄心バラ撒かなくてもいいだろうと思いますよねぇ。
いけない、攻撃的になってしまうw しかしケントゥリオさんも大変ですね。もっと自己中になってもいいと思うんですよ。それに見合うものを作ってると思うし。この反転の文章だって、これで自己嫌悪かぁ大変だなあ、って感じですよw このくらいのことならバンバンかいてもらって構いませんし、役に立つかどうかわかりませんがリアクションします。
ああ、でも書くたびに自己嫌悪になってしまうならそのほうがつらいのかな。うーむ……。
気晴らし代わりになるんでしたら今後もまたお願いします。もらってるばかりでは申し訳ないのです。何かお返ししたいのです。てんやくさんが羨ましいっす。自分のコメントが励みになっているのならとても嬉しいです。

そろそろ書いてる文が気持ち悪くなってきたのでこの辺でw 相変わらず長くてすいません。続編をお待ちしてます~。

感動した!暖かい言葉に感動したぞ!

コメントありがとうございますorz

>今一番さん
おおう、ありがとうございます。
今は夏ですから全裸待機も余裕ですよね!

何度も見返していただけるのは作者としても嬉しい事です。
見返してみると「ここはあーいうことだったんだな」っていうのがあったりしますので。

秋風が吹く頃にはカルタゴ編は終わっている・・・はずですorz

>涼さん
うーん、残念なことではあるのですが。
まあ、スタンス的には古代地中海世界を基にした「アイドルもいる」お話として軽く見ていただければと思っています。

ややや、そんなお返しなんて!
毎話ごとに感想をいただけるだけでも十分ですよ!

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。