スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイマス・トータルウォー第十六話後編後書き

はい、今回は早くできました。
でも、完成を急いだせいかひどい出来だorz

話も繋がってないし、構成も~orz
やっぱり時間かけないと駄目ですね。
あと、までまでとかなんだよ!




今回は軍議です。内容薄いけど。

―マゴ・バルカ登場
おかしい・・・当初のマゴってあんなキャラじゃなかった気が。
いつのまにかお茶目な奴に・・・。

マゴ・バルカはハンニバルの弟です。
名前が好きだ。
マゴはいくつかの戦いでハンニバルと共に戦い、ハンニバルからも信頼されていた優秀な将だったのですがカルタゴ本国の陰謀とローマ軍のイベリア侵入でイベリア防衛の為にハンニバルから引き離されてしまった人です。最終的にはハンニバルと再会できず、戦傷が元で死んでしまいます。

―ハンニバルとマゴとの対話
カルタゴの政治システムは個人的に古代一だと思ってます。
ローマよりも上。

カルタゴの政治体制はかのアリストテレスも褒め称えるものだったとか。

(このシステムが上手く機能し、カルタゴの繁栄の一助を担ってきたのでした。
その内カルタゴの記事も書きますかね。時間ができたらですがorz)

追記:ご指摘を受けたので一部記事を削除しました。
五年位前のうろ覚えで書いちゃ駄目ですねorz
もっかい、資料読み直そう・・・。

―マハルバル登場
はい。マハルバルさん登場です。
この人、ハンニバルの下で長年戦った勇将です。
騎兵隊長を務めていました。
有名な言葉「ハンニバルは勝利する術は知っていても、活かす術を知らない」を言った人です。
えー、これは第二次ポエニ戦争時、カンナエという地の戦いでローマ軍に大損害を与え、かつてない大勝利を収めたことがありまして、その祝宴の時にハンニバルの将軍達は口々に「首都ローマを攻めるべし」とハンニバルに訴えましたがハンニバルはそれを全て退けてしまったんですね。
その時にマハルバルがこぼした言葉です。

でもハンニバルの方が正しかったんですけどね。興味を持った方は調べてみてください。
ハンニバルの不幸は配下に恵まれなかったことでもあります。

―ボミルカル
チーンはちょっとやってみたかっただけなんだ。すまない。
マゴとの掛け合いもちょっとやってみたかっただけなんだ。すまない。
一部、おまんPリスペクト。

―軍議
上のボミルカルで時間を取られてgdgd。
あれー、カルタゴばっかりでローマが地味だよ。
いいんです。今回の主役はカルタゴ勢なんです。
それにあんまり詳しく書くとネタバレになっちゃうしね!

(あ、カルタゴの円盾重騎兵というのは自分のオリジナルユニットです。あしからず。円盾騎兵というのはいます)

ハンニバルが言っていた事はどういう意味なのか。
ベジヤにて判明する・・・と思う。

アラエ指揮官(暫定 がちょっと不安のようですがこれもベジヤにて(ry

今回はあんまり書くことなかったです。
では、第十七話「ベジヤの戦い」でお会いしましょう。
スポンサーサイト

Comment

No title

ローマにも民会はありましたよ。Concilium Plebisでググって見て下さい。
護民官や平民アエディリスを選出する他に、民会で可決された法案は元老院を通さずに即座に国家全体に適応されました。

No title

おおっとこれは恥ずかしいorz

ありがとうございます。修正しておきます。

うぽつー

今回は続編製作中のエントリのない不意打ちうpでしたねw

マゴマゴリンかわいい弟だわw
ボミがちゃんと言葉をしゃべれる人なのも判明したしw
マゴはあるかもと思ってましたがマハルバルが顔ありで来るとは思いませんでした。
それにしてもまたカルタゴ側の武将のキャラが立ってて感情移入する人には辛いことになるんだろうなあw

サルディニアではるるんユリウスが動いてるのも確認できたしよいよいw
ラストの分割同時進行いいですねえ、ステレオで声が聞こえてくるようですよ。
マイリスの説明、チーンはお盆だし原物使って録音したってことですかww

ベジャで決戦ということで地図を調べてみると古代のワガなんですね、ユグルタ戦記(まだ読んでないけど)にも出てくる交易の要衝、ザマより北に進んでメジェルダ川を渡った所…ローマ軍が川を渡ることになるのだろうか…対ハンニバル戦直前の渡河って負けフラグじゃね!と思ったけど行軍距離的に既に前日辺りに渡ってしまった後っぽくて安心wまぁ譬えそうでなくてもあのスキピオ軍ならヘマはしなそう。
と書いたけどスキピオ軍団はタプソスを出てから海岸沿いでなくて内陸を進んでいったという理解で良いのでしょうか?(タプソスから海岸沿いに進んでベジャに到達するには既に数日前にカルタゴの鼻先を通っていることになりそうなので。)

次回ついに映画ですねー楽しみー!

お戻りになられた!

「blogの更新が無いのは帰省中なのかな?と思いつつblogを開いたら動画がUPされていた。何を言っているか(以下いろいろと略)」
というわけで更新お疲れ様でした! 前回のエントリーに『次回は軍議』って書いてあったのに次は会戦?とかコメントしちゃって恥ずかしい!w 

両陣営の軍議描写ですが、
えー、もうしないんですかー? また見たいー
とかお気楽に言ってみますw 大変なんでしょうけどね……。ケントゥリオさんは、戦いの後にどれだけ我々を凹ませる気なのかとw てんやくさんも仰られてますが感情移入しちゃいますねぇ。
そんな軍議のカルタゴ側は、貴重なギャグシーンとなりましたねw …ギャグって程でもないのかなw シリアスなシーンが多いので際立ちますね。ボミルカルが透けてるときに背景のカルタゴ旗と重なってえらく不気味になってましたw …もしや狙っ(ry

おそらくはハンニバルの想定どおりに進むであろう会戦ですが、どういった結果になるのか!? ハンニバルの狙いとは!? 雪歩の運命は!? AとBは生き残れるのか!?
気になることはいっぱいですが、よく休み、うpに備えたい、と思いますw
今回のラストで、映画風の演出がますます楽しみなりました。大変な作成方法だと思います。もうやりたくないとか言っちゃうのかなー……。まあ、そのときは荒らしのごとく賛美のコメント爆撃をしてやりましょうかねw 

では! ご自愛なさりつつ、楽しんで作ってくださいね! 楽しみにしてます!

No title

コメントありがとうございますorz

>てんやくP
マゴマゴリンww

ほんとマゴってあんな感じじゃなかったんですよ?w
いやいや、コメントにもありましたがマハルバルがボミ語を解せるだけなのかもしれませんw

サルディニアはそろそろ春香のユリウス陣営が気になっている人もいるんじゃないかと思ってちょこっと出しました。
実はこれが後に・・・。

むしろラストの分割進行がやってみたかったという。
そうです。マイク片手にチーンとやって婆さんに「罰当たり!」と言われました。はい。

ベジャはチュニジアの州の一つからですね。
やっぱり古代の地名はわからないorz
そうか、ワガっていうんだ・・・。

そうです。
海岸沿いじゃなくてメジェルダ川を渡って内陸を通ってたんです。
このときの進軍路は解説編を作ろうと思っています。
渡河時の危険性はだれしも判っていたと思うので急がせたでしょうね。

>涼さん
ははは、思いもよらなかっただろう。
でも、そもそもこれくらいのペースで作れよと小一時間(ry

両陣営の描写は細かい描写がやりづらいんですね。
ボミルカル関連は作っていたら何かやりたくなったんです。
「気付いてたら作っていた。何を(ry」

ボミルカルと旗の重なりは偶然ですw
あとでコメントにフイタw

鋭意撮影中ですので楽しみにお待ちください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

コメントありがとうございますorz

>しーくれっとさん

―何を待ちわびれば
フフフ・・・

―ベジャ
おぉ・・・すごいですね。
いやいや、それでもその根気はすごいですよ!w

フェニキア人よりも前ということはベルベル人たちの都市だったんですね。
遊牧民系の民族は主だった都市を転々と変えて首都機能もそれに合わせて移動させていたとか。

―ヌミディア王
そこらへんはノーコメントなんだぜ!

―PV系のあれこれ
確かにこれはしーくれっとじゃないと恥ずかしいw

というわけで自分も反転。しーくれっとさん以外は見ないでね!
これはお願いじゃない。命令だ!↓


しーくれっとさん以外は何故見た

自分も「このアイドルに合いそうだ」と考えるときはあります。

最近は忙しいせいかPV系MADはあまり見てないですね。
歌が合いそうだという話ならありがちですが「月下祭」だと思います。
えこPのあれも拝見させていただきましたがあれはどちらかというと「多神教のローマ」じゃなくて「キリスト教 国教化後のローマ」に合うんじゃないかなーと考えます。

あ、いや、話が飛びますが以前上げた「西ローマで春香主役」のお話だと千早出てこないんですね。
I.T.Wの歴史をそのまま受け継いだ後のお話という位置づけなので。
ほら、今回のえこPの歌は優しげに聞こえますが歌詞は結構厳しいモノじゃないですか。

だから歌詞は西ローマ末期の「つらい、がどうしようもない」という感じを絡めて、
歌い手が千早というのは「彼女とその仲間達が作り上げたローマを空から見ている」ような。

そして歌詞の「ヒースクリフとキャシー」を「春香と千早」に置き換えると・・・。
「自分が創り上げたローマ(半分ですが)を必死に守る春香を見守る千早」とか
「神格化(おおっと物語の核心!)された千早が苦しみつつ、春香に語りかけている」とか
見れるんじゃないですかね。



異常です。違わくもないが違った。
以上です。

ぐああああ、何書いてんだ自分。
恥ずかしいぞ!
忘れてくれー!

ところで千早はやっぱり空と翼と「飛ぶ」は合いますね。

ああ、そんなことはまったく気にしないのでどうぞw

No title

ええ、その通りです……。ドラッグしてしまいましたw 途中からはCtrl+Aでしたw

いえ、あの、命令違反と仰いますが私軍属ではないのでw パニック映画でよくいる、主人公達の忠告を守らない一般人みたいなものとお考えを。…っていうか見ない人いるんだろうかw 
という必要かどうかもわからない言い訳をうだうだしておいて¥、。感想ですが、そんなに恥ずかしいですかねぇ?普通じゃん、とか思った僕も異常なのでしょうかw 最近はドラマ見ながら「う~ん、だれならできるだろうこの役」などと2.5次元と3次元のハイブリッドな妄想も始まっておりますw PVではSound Horisen(スペルが不安・・)のを前に見ました。いい雰囲気で良かったのを覚えてます。

>作っていたら何かやりたくなった
衝動って大事ですよね。これが無いと何もできませんもの。まあ、計画的にとはおもいますけれどw

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ちょっと

スレにあった話題からこんなの作ってみましたw

生年月日(すべて紀元前)
コルネリウス 335年頃?
社長      324年07月07日
テルティウス  313年 (268年に45)
プロデウス   309年頃 (Q様より2~3上)
クイントゥス  306年 (270年に36)
ガイウス    300年頃?
小鳥      298年09月09日
アムリウス   296年 (269年に27)
あずさ     289年07月19日
律子      287年06月23日
真        286年08月29日
雪歩      286年12月24日
春香      285年04月03日
千早      284年02月25日
伊織      283年05月05日
美希      283年11月23日
やよい     282年03月25日
亜美      281年05月22日

誕生日がわからない人は年齢に触れた台詞を言ったのが誕生日前か後かで一年ずれるかも。
隊長殿はアイドルたちの年齢は初出以外は敢えて触らない方針だったので純粋にネタとしてw

あと、マルクス・アウレリウスの像が見つかりましたね。
http://www.afpbb.com/article/life-culture/culture-arts/2511812/3268373
一番好きな皇帝なんですよー。

>涼さん
>2.5次元と3次元のハイブリッドな妄想
あるあるw

No title

コメントありがとうございますorz

>涼さん
何故見た!
忘れてくれ!

サンホラの765幻想楽団は自分もよく見ています。
いやー、あれ、すごいですよね。

>しーくれっとさん
はっはっは。
いやいや、やよいさん伝言ありがとうございます。

そうか、タタウイヌはそういう意味だったのか・・・。
西ローマ末期の春香は本気でつらそうだ。

>てんやくP
いやいやw

相変わらずすごいですねw

マルクス・アウレリアスのニュース(同じくネットですが)なら自分も見ましたねー。
それにしても像の再現度は異常。

No title

ケントゥリオP様
初めまして。いつもアイマス・トータルウォー楽しみにしてます。
ROME TOTALWARもアイマスも大好きなので、第1話からずっと追いかけてました。
スキピオメインというのも意外な感じで面白いです。
雪歩の行く末が気になる所ですが、これからの展開も楽しみにしてます。

それから、今回はわざわざこちらの動画に軍事支援(リンク)して頂いて、
ありがとうございました。

No title

タニシP殿だー。
初めまして。自分もリンクお世話になりました。感謝感謝(深々

No title

コメントありがとうございますorz

>タニシP
はじめまして。
どうも、ケントゥリオと申します。
一話からとは古参兵ですねw
本当にありがとうございます。

こちらもいよいよきな臭い雰囲気になってきて楽しみにしています。

いえいえ、一方的な独立支援、本当にありがとうございましたw
これからもよろしくお願いします。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。