スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隊長、もっとだ!もっと両シチリアへ支援を送るのだ!



はい、腰痛P支援第二作目です。

戻ってきました。


今回は両シチリア側が主役ですかね。

"バッボ"は完全に自分のオリジナルキャラクターです。
初老の穏やかな(正真正銘の)紳士を目指しました。

"バッボ"はイタリアを愛する両シチリアの軍人です。
きっと今までの軍人生活でイタリアの惨状をひどく悲しみ、何とかしたいと思っていたのでしょう。
そしてでた結論がイタリア統一。

閣下とは目的は同じですが動機が違います。(閣下の統一の動機は・・・ですし)

個人的な設定として"バッボ"と閣下との関係は「父親の友人」と「友人の娘」で。
よく遊んであげたり、お話したり、色々と教えてあげたり、白い頃の春香と交流していたのでしょうね。

現在の関係はどうなっているのか。

"バッボ"のイタリア統一の理由は本人が言っていた通り「イタリアの為」ですが小さいところで閣下も入っているのかもしれません。

まこパパとの関係は軍内部における「先輩と後輩」で。
まこパパはほら、あの調子ですからきっとまだ若い頃は問題児だったに違いない。
そこを"バッボ"がフォローしてたとか。

真はまこパパから知らず知らずの内に送り込まれた菊地真一個人としての"バッボ"への援軍です。
この出会いが後の本編と絡むんじゃなかろーか。

フェルディナント二世陛下は記念すべき黒女王春閣下第一話で登場しました。
この頃はまだ現役の王様です。
第一話内で「相互防衛同盟は僕が以下略」といっていたのでこんな感じに。

"バッボ"とは対立する考えですね。
つまり今回のアルジェリア遠征は両シチリア王国の政争の延長と言えるでしょう。
巻き込まれたフランス軍涙目。あ、いや、貴音だけは大喜びですが。

ただ"バッボ"と陛下も単純な関係ではないのかもしれません。


両シチリア軍将校はキリッとした青年か黒髪ロングのお姉さんで一つ。
彼もしくは彼女は"バッボ"のシンパです。


フランス軍の面々ですが。

響は切れるんだけどのんびり屋で黒くない風にしました。
情報を渋るブラックろうそんに聞いているのは心底不思議だから聞いてるだけ、という。

貴音は黒い。
響の暢気なところをフォローする。地味な参謀をしっかりこなす人。
パリでは響がのんびり昼寝してる間に彼女が響を守り、活躍できるようにしてるんだと思います。

響は貴音の黒い所業を知ってるけど必要な事だし、自分達の為だから何も言わないとか。

お膳立ては貴音が、戦場の活躍は響が。
良い関係だと思うんです。



モデナのカンタレラとしては安穏としていられない状況です。
さあ、彼らは何を狙い、どう動くのか。


さて、両シチリア軍は進軍を開始、フランス軍はこれを迎え撃ちます。
響と貴音はどうするのか。両シチリア内での陰謀は。
暗躍するカンタレラも。

次回をお楽しみに。

スポンサーサイト

Comment

No title

Empire: Total Warは買うんですよねw

No title

>名無しさん
とっても欲しいんですが残念ながらPCスペックが危険過ぎるので考え中ですw
メディーバル2でもいっぱいいっぱいですしね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

バッボさんはI.T.W本編の今後の展開のヒントになりそうなものを読んでましたねw
あの箇所が書かれることになる話だけで本編何十話分にもなりそうな予感がするw
視聴者としても支援中もしっかり本編の方も練ってると判って安心ですなw
それにしてもwktkが止まりませんw

ちなみにこの支援シリーズはI.T.W本編と黒女王閣下本編が続いている設定の下にあると考えてよいのでしょうかね?

爽やかに黒い方が難しいと個人的には思ったりw

つまりは人柄が出るのでしょうw 自分には陰湿なドス黒さしか描けませんw


さて、そんな爽やかに黒い貴音さんと、あっけらかんとした響さんですが、いいコンビですね~。お互いの領分をわかっているというか。貴音さんが日頃の仕事で抱える闇を響さんが払ってるって感じなのかなーとか、自分にはできない分野をやってくれる貴音さんにただただ感謝し尊敬する響さんとか。
最初は利用しようと思って近づいたのにいつのまにかすっかり立場が逆なような。本人にそのつもりはないんだろうけど。だからまぁ、いいか。とかいう妄想がポンポーンとw 書きすぎました申し訳ありませんw
どんな黒い所業も必要のことだと割り切って表に出さずさらっと流す様は、周りの良く知らない人から見たら恐怖を覚えるかもしれませんね。とてつもなく魅力的ですけどねw

今回のラスト、行軍シーンをバックに手紙の内容が。やばいっす、これはやばいっす。この演出はずるいですw ほんとやばいくらいテンション上がりましたw 映像もさることながら手紙の内容が……熱い内容でした。最後の『イタリア人』の文字を見て、バッボさんは笑ったんですかねぇ……。
ところで、自分の中でバッボさんがすっかり西田敏行さんになってしまってどうしようもないのですがどうしたらいいでしょうか?w 「ン!」ってのがもう特に壺でしてw

ラストも楽しみにしてます! もちろんローマも!w それでは!


将校さんですが、長髪ロングのお姉さんとてもイイ! いいのですが、バッボさんを優しい“人”と呼んじゃってたので、女の人だとそれはちょっと気安いかなぁ、関係が怪しくなっちゃうなぁ、とかいう理由で泣く泣く青年って思い込んでますw どー考えても深読みしすぎですありがとうございますw 

No title

毎回毎回お返事が遅くて申し訳ない。

>名無しさん
色々と了解!
って色々とえー!?Σ

>てんやくP
―後のヒント
はっはっはっ、後々の展開は全部考えてあるのだ!
ただ作る時間があんまり確保できないだけでーorz
すみませんorz

―i.t.wと黒女王の世界
そこは個人の解釈でいいんじゃないですかねー。
腰痛Pとは特に話し合ってないなぁ。

・・・・・・あれ、まずいんじゃないか?

>涼さん
陰湿な黒さとかは書きにくいですね。
書いてると苦しくなってくるので・・・。

―響と貴音
もう完全に分業が出来てるコンビだと自分は思っちょります。

のんびり屋の響を貴音が黒く引っ張ってるのやもしれませんがw

―最後の演出
個人的には文字を下から上にロールさせた方が見易かったかなと思ってます。
手紙の内容を出したのは気になる視聴者さんがいっぱいいるだろうしなぁと。

肝心の中身については次回で。
バッボは本当にどこで笑ったのでしょうね。

―バッボが西田敏行
ちょ、結構予想外だったw

―両シチリア軍将校
とあるお方の大プッシュで黒髪ロングのお姉さんになりました!
ふっ、バッボのシンパで部下だから"人"でも問題は無い!


では、皆様ラストもお楽しみに。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。