スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイマス・トータルウォー第十四話後編その一、その二後書き

さて、後編その一とその二ですが。

入れたいエピソード全部入れたらここまでの長さになった!驚き!


今回も結構悩みました。
特にやよい。
彼女はタプソスの一市民として登場させました。
純粋に戦争に巻き込まれた立場として。

その二まで視聴した方はわかると思いますが彼女は現時点で天涯孤独の身です。
そんなつらい身に何でしたんだ!とやよいファンに言われても仕方ない。
やよいがA&Bを誘った理由は危険だからと同時に「寂しかった」つーのもあったらいいなと私は思うのだがどうだろう(謎

どちらにせよ、やよいはあっさりとタプソスを離れ、スキピオ軍に付いて行くこととなりました。
おいおい、カルタゴ人なのに簡単に付いて行くのかよ。という突っ込みもあると思います。
ですが、彼女はまだ子供だし、この先「生きていく」にはかなり「マシ」な方法ですから。
彼女はとにかく「生きる」ということを主題にしていきたい。

だって、「たくましさ」と「元気」がやよいだろ!



次にテルティウス
彼は「愉快なおっさん」そして、「狸親父」を目指しました。
こういう人、自分は大好きです。
ちなみに年齢は45歳。

彼も中々、複雑な立場です。
カルタゴ人の有能さを知っており、それをローマの為に役立てたいがカルタゴ人は恩人でもあります。
でも、やっぱり彼はローマの元老院議員であり、ローマ人でした。

ガラスの逸話は当初から考えていたことです。
大カトーの有名な逸話に「イチジク」を使って「カルタゴの脅威」を語るというのがあります。
だったらそれに対抗してテルティウスは「ガラス」を使って「カルタゴ人の有用性」を語ってもらおうじゃないか、という狙い。

史実だったら「テルティウスのガラス」として歴史書に載ったんじゃなかろーか。



順番が何故か最後ですが百人隊長とクイントゥスの会話。
実は百人隊長とクイントゥスって長い付き合いで親しい関係なんだぜ!っつー会話。

自分の中ではクイントゥスがまだ若ーい頃にスキピオ家の有力クリエンテース(後援者)の家から友人兼相談役としてこれまた若ーい百人隊長(この時はプロデウス)が側に付けられたみたいな感じにしています。
百人隊長の方が二、三歳年上みたいな。
てんやくP大正解。

・・・あれ、こういうのって今更ながら作者が語っていいのか?
視聴者の自分なりの想像の方が楽しくね?

・・・まあ、いいか。
あくまでこれは作者の考えですので。
二人の関係は好きに想像してくだせえ。



あ、最後の最後に社長が何だか超人っぽいですが贔屓です。
でも、ここまでの教育をしないと少女達が国家の中枢で働くには難しいとも思う。

ついでに千早の「未開の地という印象の東方の国々」とはあくまで西方に位置するローマからの視点です。
アルメニアとかパルティアとかその他諸々を指します。(中東から中央アジア辺りまで?)
実際は東方は優れた文明の栄えた地でギリシャ等西方の文化に負けず劣らずの洗練された地でした。
ROME:TOTALWARだと何故か文化度が低いですが。




さて、タプソスの騒動も一段落し(禍根は残りましたが)、カルタゴへと向かいます。
しかし!
まだまだ、ポエニ戦争編は終わらないんだぜ!
そろそろ、視聴者の方々に飽きられてしまってるかもと不安なんだぜ!
次は雪歩ががんばるお話、の予定。
スポンサーサイト

Comment

No title

さっそく見ました。なんて言うか、大作映画見てるみたい。
それもハリウッドとかのド派手アクションとかじゃなくて、
コッポラ監督作品とか、そういうの見てる感じでした。

それにしてもA&Bおいしすぎるぞw

No title

朝投稿だったとは・・・!早速さっき拝見しました。「映画みたい」とのコメントには自分も同感ですね。ただコッポラよりは「スパルタカス」かな?これからも作品お待ちしています。
ところで作中には出なかったのですが、社長の知識はインドや中国もカバーしているんでしょうか?

No title

やよいの立ち位置が結構新鮮。
余りないはず。

No title

>この先「生きていく」にはかなり「マシ」な方法ですから。
彼女はとにかく「生きる」ということを主題にしていきたい。

いいねぇ~。うまく言えんがこういうの大好きだ。wktk。

No title

>名無しさん
や、大作映画とか恐縮です。
派手な戦闘も少ないですしね。
どーも、地味に渋い展開になってしまいます。

>とある視聴者さん
本当は前日の夜に上げる予定だったんだぜっ!
「スパルタカス」ですか。
昔、ものすごーく何回も見てました。
だからたぶん、そこの影響もあるのかな。
でも、そこまでのもんじゃないですよ。

>名無しさん
純粋な一般市民ですからね。
たしかに他の作品ではないかもしれません。

>名無しさん
古代を「たくましく」生きていくのがやよいのテーマ。
でも、ご期待に添えるかは不明ですががんばります。

No title

肝心な事、書き忘れてたorz

とある視聴者さんの質問、「インドや中国の知識」についてですが。
さすがの社長もそこまではカバーできてないと思います。
この時代ではまだローマと中国やインドとの直接的な交流は無かったはずなので。

いいぞもっとやれ!

動画はうp当日朝見たのに色々色々と考えてたら大遅刻DA。

> 入れたいエピソード全部入れたらここまでの長さになった!
確か容量の都合でエピソードカットした回ありましたよね、九話後編でしたか。
第一話・第二話みたいなリメイクか、ここで適当に何が起きたかだけでもまとめて公開して欲しいな~とか言ってみる。

> やよい
不幸ロリ保護欲という病気が何度目かの再発をしました。
やよい描きながら新曲『my song』聞いてたら何やら目から汁が。

> A&Bを誘った
これ視聴者コメにもありましたが無断外泊良いんでしょうかw

> だって、「たくましさ」と「元気」がやよいだろ!
やよいは表で明るく振る舞って裏で溜め込むから心配なの…で百人隊長殿はそれを描けるはずのPだから期待は大きくなるばかりなので悶えさせてくださいw

> こういう人、自分は大好きです。
視聴者コメ群を見る限り嫌いな人はいませんねw

> ガラスの逸話
ホント上手すぎて鼻血噴いた。万雷の拍手4U。

> てんやくP大正解
動画見たとき嬉しくて飛び上がったwこの記事見て二度飛び上がったwwわっほい!
あと視聴者コメ見た限り百人隊長殿がプロデウスって名前だと気付いてた視聴者が極端に少ない気がしますね?
それにしても妄想が止まりません(小鳥さん的な意味で、ではなくw)。

> 社長
まさかのスーパーマン。個人的にとても嬉しい。
りっちゃんも高木門徒と聞いて期待が膨らみます(前にアイドルは全員出ると聞いたときはケルト人の中でドルイドでもやってるんじゃないかと思ってましたが高木門徒なら違うだろうと妙に安心w

> 映画
「まさに映画」はよく聞きますね、昔は豪華な合戦シーンだけ見て自分も言ってたのですが。
ただハリウッドの歴史スペクタクルはセットも感情も誰にでもわかりやすく派手にザックリとバーンてイメージだけど(一方本場イタリアのローマモノは何やら意外なほどというか予想通りだけど静かだったw)、千早とQのやりとりで表されてきたような心の機微をああいう風に描けるのってやっぱり日本の漫画・アニメ作品じゃないかなと思う。
近頃では千早の振り絞った「大嫌い」には圧倒されました。
スキピオの苗木とかいおりん初登場の時の台詞が伏線として存在してるし(仕込み6ヶ月とか鬼かw)マジすごいよ!

> インドや中国
百人隊長殿やゆきぽがお茶を嗜んでたのでもうシルクロードでかなり交易してるものと考えてましたw
お茶の木が移植されてきて栽培されてるものと考えることにしようかな。

最後に質問です。
BCE269年内に登場した千早・春香・伊織・真・雪歩は原作と同じ年齢差でしょうけども(千早と伊織が1、2歳差なのは百人隊長が言ってますよね)、今回268年にやよいが13歳として登場したということはやよいだけ原作と年齢差が違うってことでよいです?

あれ?

いつも楽しみに視聴しています。

>てんやくさん
お約束の曖昧進行だったと思いましたが、作中での時間経過明示されていましたっけ?

RTW持ち故ゲーム上の時間進行とは必ずしもリンクしていない
(M2TWの東方騎行の様に戦略画面出していない為、将軍の老衰死他色々と誤魔化しが効く)
のは折込済としても、当時の生まれと設定されていますし彼女らが成長(老成)していく様な
描写が今後あるのかは気になるところではあります。

はい

すみません再びお邪魔します。

>1視聴者殿
その年が字幕として直接動画に表示される秒を書き出してみました。
ついでに前後関係から間接的にわかるのと各アイドルの初登場回も挟み込んで。

270年(第一話「時代」の00:05) → 千早初登場回
270年(第二話「シラクサ攻め」前編の00:02)
270年(第四話「ちびっ子元老議員」) → 伊織初登場回
270年(第五話「リリュバエウム戦」)
(ここでメッサナに帰還しているのでここで年越し)
269年(世界情勢解説編の01:00)
269年(第六話前編「カルタゴ」の00:17) → 雪歩初登場回
269年(第七話「スキピオ一門」の00:15)
269年(第八話前編「ギリシャ戦線」の00:27) → 真初登場回
269年(第九話前編「堅物娘と転がり娘」) → 春香初登場回
269年(第十話後編「ちびっ子元老議員の戦場その2」の10:37)
(年越し)
268年(第十一話前編「対カルタゴ軍議」の00:25)
268年(第十一話後編「対カルタゴ軍議と侵攻」の06:54)
268年(第十四話前編「現実と理想」) → やよい初登場回

いやこういう話ができる人がいるのが嬉しいなぁ。

ごめんなさい

言い忘れ。度々失礼。
千早の年齢は270年の内は明示されずに269年である所の第十話後編で初めて15歳と言明されてます。
なのでアイマスキャラの元年齢は269年が基準(基準があるなら)になりそうですね。

おー

>てんやくさん
わざわざ書き出して戴きありがとうございました。字幕の年表記が記憶から抜け落ちていた様で。
こうしてみるとかなり高密度ですね。終着点次第ですが、環地中海の広大な舞台からすると
まだ端緒に過ぎないだけに止む無し、という所でしょうか。

半年/ターンのvanillaで速攻気味にカルタゴ・タプソスを落としても、265BC位にはなりますし。

自己解決…?

一人で長々と何度も申し訳ないです。
キャラスレでよく用いられるアケマス基準説(アケマスの稼動開始日である7月25日に於ける年齢がプロフィールに記載された年齢であるという説)というので計算するとどうにかなる気がしてきた。
269-07 千15 春16 雪16 や13 伊14 真16

対カルタゴ開戦を決議した元老院は269年初頭でない限り千早は15歳で問題なく、
269-01 千14 春15 雪16 や12 伊13 真16
269-02 千15 春15 雪16 や12 伊13 真16

269-12 千15 春16 雪17 や13 伊14 真17

268年に入ってもやよいの誕生日の3月25日以前なら「やよい・高槻、十三歳です!」が可能。
268-01 千15 春16 雪17 や13 伊14 真17
268-02 千16 春16 雪17 や13 伊14 真17
268-03 千16 春16 雪17 や14 伊14 真17
268-04 千16 春17 雪17 や14 伊14 真17

268年初めの海戦からやよいの誕生日まで3ヶ月弱しかないのがスケジュール的にどうかというところですがとりあえずはズレ無しにできますね。
まぁ自分が一人でどうのこうの言った所で百人隊長殿が一言言うだけで解決してしまう問題ですがw

No title

> 入れたいエピソード
後の話でも使える内容なのでその時にでも使う予定です。というわけで内緒。

> やよい
や、がんばるつもりではありますが!HAHAHAHA!

> A&Bを誘った
もちろんNGですが百人隊長に(主にAが)土下座し、謝りまくりつつ、(主にBが)ちゃんと訳を話せば わかってくれると信じています。

> ガラスの逸話
HAHAHAHAHA!そんなこと言われると照れるぜ!

> 百人隊長
「気づくかな~、気づいたら面白いな~」という小ネタとして仕込んだので、まあ、こんなものかなと思っています。

> 社長
社長、好きなんです。
りっちゃんも結構重要人物かな。

> 映画
まず、ハリウッド的なものじゃないと断言できる!
ハリウッドは状況と勢いで視聴者に判らせるものですしね。
そして、イタリアの映画は地味で渋い。国民性なのかロマンスが必ずと言っていいほど入るけど。
で、こっちも国民性なのか映画やアニメ、漫画や小説等日本ほど心理描写を(時にはやり過ぎなほど)する国はないですね。
だから日本では名シーンでも欧米では「?」っていうことが多い。

> お茶
初めは「雪歩だし、ネタでいけるだろ!」って思ってたら別の意味で突っ込みが結構多くて焦った思い出あり。
シルクロード経由で雪歩の一族が(趣味で)お茶の木を持ち込み、初めは一族だけが楽しむ為だけのモノだったが、徐々にカルタゴ(主に上流階級中心)に広まり、今は一族が栽培できるか試行錯誤中。ハスドルバルが金になるかもと思い、命じたみたいな。でも、カルタゴの風土からして難しそう。

っていう設定を今、思いついた。よし、これでいこう。
で、百人隊長が好きなのはどこかで飲む機会があったんでしょう。(投げた

>時間軸と年齢
1視聴者さんのおっしゃるとおりで物語上の時間軸とゲームでの時間軸は違います。
でも時間の流れをリアルに考えたらこんぐらいか、もちっと早いんじゃないかと思う。
ここらへん、割とブラックなので深く考えないでくれると嬉しいですorz

で、年齢・・・。ええと非常に言いにくいのですが・・・・・・。

すみません。深く考えてません。てきとーですorz
そこらへんは視聴者三の考えにお任せしています。
やっぱりアイドルが歳をとるなんて!と思う人もいるでしょうから。
だから初めの年齢以降は年齢は書いてませんし、書かないつもりです。

や、やっぱり駄目ですかね?orz

回答感謝

ううむやはりアイマス・トータルウォーを好きになって良かった!
まったく「一々細けえこと気にすんな」と言われるべき設定厨でごめんなさいw
いやこんなにハマった創作ってホント久しぶりなモノで…。

> 時間軸
えぇ1ターンが半年と聞いて驚きました。
以前コメやスレの方で誰かがTWは武将がすぐ寿命で死ぬということを言ってたのを理解できました。

> 年齢
そうでしたかwおkですもちろんw
実はこっそり心配してたのが亜美真美のことでしたw
今アイドルやっと半分登場というところで厳密に年齢計算されてたらシナリオ次第で初登場でいきなりハイティーンどころか二十歳超えの亜美真美とかありえそうなのでwてきとーにやってくださるとよいよい☆

# 上の表で千早15歳の初出を第十話後編と書いてたけど見返したらホントは第七話だった! でもリリュバエウム後だったから年明けて269年だった。ふぅ、危なかった、私的解釈も矛盾無しのままだw

> (主にAが)土下座し、謝りまくりつつ、(主にBが)ちゃんと訳を話
して百人隊長が一通りお叱りの言葉を述べたら、何故かそこにいた4番目に「もっと伊織議員っぽく言ってくれ」とリクエストされて、第十一話前編でやったみたいに伊織の声マネで改めて叱りつけるんですね。わかります。

> その他諸々
了解そして期待!

ではでは。余計なことにお時間とらせてしまって申し訳ないです。次話楽しみにしてますー。

No title

てんやくPと1さんのコメントのあまりの濃さに圧倒w年表まで作るなんて凄いですね~
流石の社長も中国のことまでは知りませんか・・・千早に「孫子」を教えているの図なんて妄想していたものでwまあこの時代の中国はチート状態だからノータッチが正解でしょうけども。お茶については「雪歩の先祖は亡命中国人だった!」と思っていたのですが、苗の輸入だったのかあ・・・。

アイドルは年取らないよ!

>ケントゥリオPさん
了解です。何かを切欠とした精神的成長はともかく、加齢に伴う精神年齢の上昇は描写が
難しそうですしね。かといってあの言動のまま亜美真美がハイティーンになるのもアレですし……w

>お茶
シルクロードの発端は前漢時代、紀元前2世紀半ば(でいいのかな? およそ150BC以降)
に求められ、張騫が西方の国々の事を伝えるまでは通交はなかった様です。
(かたや欧州側も大王の東征が西印で止まり、その後は推して知るべし)
仮にこちらの作品世界上は東西貿易が既に興っていたとすると、一世紀の前倒しとなりますか。
中国は戦国時代真っ只中ですね。

春香はわたしのもの。千早もわたしのもの

>とあるさん
別に亡命でも大丈夫(?)
亡命する中で、萩原一族のちょっと偉い人の持ち物の中に
お茶の苗等を趣味で持ってたという可能性も無きにしも非ず。

>1さん
っと。わたしは、ケントゥリオPは便宜上で名を呼んでたのだとばかり。
シルクロード(と、今現在そう呼ばれる''ところ'')を萩原一族が通って来たんだよ~みたいな。
(海路か?陸路か?色々、想像を呼ぶところ。わたしは亡命したと妄想してるので陸路をせっせとかなぁ・・・)

茶追記他

#創作上は色々と遊びや脚色の余地がありますので、以下「へえ、史実ではこうだったんだ」程度に願います

ケントゥリオPが書かれた様に欧州の気候風土が茶樹と相性が悪いのもありますが、そもそも
茶が飲用になったのは作中より遥か後で、東西通交以外にこの点でも時代先取りになるんですよね。

食/薬用・祭品としては中国4千年の歴史を誇る茶ですが、飲用を示唆する信頼出来る記述は
59BCに著された『僮約』が初で、この頃が飲茶の発祥と見なされている様です。
但し嗜好品としての認知・流布(道具も含めた飲茶文化の確立)は更に数世紀後の三国時代の事となり、
それまでは専ら依然煎じ薬として食用されていました。

>どら焼きさん
張騫の外交遠征・帰還以前、中国にとって中央亜以西の地に関する知識はほぼゼロでした。
春秋戦国と内紛の時代が続いた上、襲撃・略奪で恐れられた匈奴が君臨していた故無理からぬ事ですが。

彼の未知文明圏「発見」後、漢の支援下で往来が始まりましたが、それ以降の時代も含め
国家権力(軍事力)による保護なしでは危険だった様ですね。

海路はプトレマイオス朝がインドと交易を行ったりはしていたものの、中国に至るまでの
交易成立は陸路より遅かった様です。帝政ローマ時代には中国から絹が輸出されるに至っており、
史書にも記録が残っているのですが。

No title

>1視聴者さん
あ、いえシルクロードに関する歴史、陸海路云々は理解(知識として知ってる?とでもいうのかな・・・)してるつもりですよ~。
飽くまで創作としてのこじつけならアリかなと。そう思って頂ければ幸いなのです。

以下、飽くまでわたし個人の脳内妄想ですよ?妄想。

春秋戦国時代、とある地方の有力な豪族であった萩原一族(雪歩の一族はこの中にある支族)は闘争に敗れ、度重なる戦火、故郷からの追手に逃れるかのように西へ西へと歩みを進めていく。
盗賊や蛮族(匈奴)、病、虫、様々な災厄に襲われ(その度に何を思ってか西へ西へ・・・)何人もの一族は倒れ、雪歩の一族が奇跡的に難を逃れてきた・・・のかなぁ・・・。
故に萩原の一族には人(男)や獣(犬)に対する警戒心があまりにも強く
傍目から見ると非常に気弱ながらも、実は芯が非常に強い女性が多いーみたいな。

えぇ 無 理 が あ り す ぎ ですけどね。
さらに、こんなさなかでよくもまぁ悠長にお茶を・・・。
きっとお茶は家宝だったんだよ!(既に趣味ですら無い)

結論:交易前倒しのほうが早い

>食/薬用・祭品としては(以下略
これは知りませんでした。最初は薬として使われていた、というのは知っていたのですが
飲用として、また趣味、嗜好としてひろまるには大分、時間がかかってるのですね。

イイヨイイヨー

好きに考えてくださいー。
視聴者さん達が自分達なりに色々と考えていただけると本望です。

ある程度、こうやって考えていただけるように曖昧にしか書いてないところもありますからー。
どんどんやっちゃってください。

No title

>だって、「たくましさ」と「元気」がやよいだろ!
 そのたくましさも元気も、家族がいてこそだと思うのですが、少なくとも原作準拠なら。

特別、やよい萌えというワケでは無いのですが、
やっぱり少し癪に障る展開だったので、ピラム投げる代わりに言わせて頂きます、ごめん。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。