スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイマス・トータルウォー第十五話前編後書き

ただいまー。

さて、第十五話前編ですが。

まずはメッセージウィンドウについて。
や、某所にて前々から「ウィンドウに高級感を」と言われていたので作ってみました。
(直接、挨拶に行く勇気は無いのでここから。面白い記事ばかりでいつも見てますよー!)
はじめは勢力シンボルか剣とか甲冑とか考えていたのですが、「ウィンドウ」だし、んなことしてると見にくくなるということでシンプルに壁画ちっくに「アイマス・トータルウォー」の頭文字「Ⅰ.T.W」を。
ちょっと剥げてたりとか年代物っぽく。

「ローマ元老院と市民」を意味する「S.P.Q.R」にしようかなとも思ったんですが他勢力もあるしね。
これからも修正はする予定。


で、本編ですが迫るローマ軍に何とか対処しようとがんばるハスドルバル、雪歩、ボミルカル。
そして生き残る事しか考えないカルタゴ貴族(若干思考が違うのもいますが)

まあ、滅びる直前の国々では当たり前の光景、という。

ハスドルバルも不幸な人です。
※にもありますがほんと時代を間違えた人。

雪歩、ボミルカルとカルタゴ貴族の対話。
「神聖隊」を何とか出兵させたい雪歩とそれにキレルカルタゴ貴族。
そのカルタゴ貴族の腕を抜き打ちで切り落としたボミルカル。ちょっとやりすぎ。
初めは顔面に手甲パンチって話だったのになー。

何故ボミルカルがこうまで雪歩を大事にするかというとこれもちょっとしたエピソードがあるのです。
いつか書ける機会があるかなー。

そしてここ、絶対わからないと思うのですが。
途中で力尽きて書き切れなかったし。
雪歩はカルタゴの現状に「このままではいけない」と思い、「既存の方策と新たな方策」の両方を発揮できるようにある事を決意します。さて、それは何なのか。

こういうことをブログで補足って反則だと思うんですが許してorz

では次回に。



追記:
つーかてんやくPの支援動画来てた!
うおおお、すげー!
皆、かっこええ!
本当にありがとうございます!orz
スポンサーサイト

Comment

うぽつ!

十五話開始お祝い申し上げます。

> メッセージウィンドウ
初めて見たとき「お」と声上げましたw

> シンプルに壁画ちっくに年代物っぽく
すてきです!

> カルタゴ貴族
二番さん下衆過ぎワロタ。
十五話前編見て、十三話後編を思い起こして、ブルスのあの最期の場面、生きて帰ったらあんな連中に責められ侮蔑されて処刑される、そんな屈辱を受けるくらいなら…と壮絶に果てることを決意したときの心情を想像したら、不意に感情移入が激化してその場で目と鼻から汁が。しかも二度も。昨晩の何度目かの動画視聴中と、今日の副業中(コラ)。年取ると涙腺緩むってマジっすねー。

> 初めは顔面に手甲パンチって話だったのに
すごい変わりようですねw 何があったのでしょうw

> ボミルカルと雪歩のちょっとしたエピソード
wktk。

> 雪歩はある事を決意
全然想像が付かないです。チョ→楽しみ。
描写はシンプルでしたがゆきぽの出発が鮮やかに脳内に展開されました。早朝でしょうか。朝靄の中、薄暗い厩舎に一人で来て、静かに馬に声を掛け、鞍を乗せ…。妄想しすぎですかねw ともかくwゆきぽの秘めたる芯の強さが大好きです。

> 支援動画
いえいえお礼を言うのはこちらですとも。
今回はいつも以上に戦々恐々でしたw だってボミルカル以外明らかに別人なんですもんw 全般的に不評は得てないみたいなのでホッとしておりますw
ラテン語でちょっとした仕掛けをしたのですけどここに書いていいですかね。
1.ハンニバルの台詞ですが、カトーさんの名言「カルタゴを滅ぼすべし」は原語だと動形容詞というのを使った必要受動表現で、直訳すると「カルタゴは滅ぼされるべし」なんですが、ハンニバルの「今はこの国家の危機を乗り切るべし」の翻訳も同じ構文にしたんです、直訳で「今この国家の危機は乗り切られるべし」と。カトーの主張への返句みたいでお気に入りです。
2.やよいの台詞、「十三歳です」は直訳で「十四年目を生きてます」です。語順をいじって長長・短短長・長長長(短2つ=長1つ)、タンタン・タタタン・タンタンタンというリズムを刻ませてみました。ラテン語詩にこんな韻律は無いですが、やよいは歌うように言ってくれたはずです。あと高槻をアルファベットにしたらタキトゥスに似てて一瞬ビビッタw
うーんオタク過ぎる話かしらw

No title

>ウィンドウ
色々と意見もでたのでさらに修正中です。

>カルタゴ貴族
まあ、典型的なダメ貴族のイメージそのままで。
やはり、ブルスは彼らにとって「駒」に過ぎないので帰還しても責任追及され、むごい最期を迎えたでしょう。
だから、彼にとってタタウィヌでの最後はある意味幸せだったのかもしれません。

>雪歩
や、今、作ってはいるんですが「ちょっと展開に無理がない?」と言われそうで怖いorz

>支援動画
いやいやいや、こちらこそお礼を(ry
やー、むしろTWのあの顔グラからよくぞここまで、と言った感じで。
すごい良かったですよ!

そして、濃い話だw
残念ながら自分はラテン語はさっぱりなのです・・・orz
習ってみたかったんですがね・・・orz

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。