スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の看板なんだからそれ相応の自覚をね。

いよいよバンクーバーオリンピック開幕。
スキーヤーなもんで冬季オリンピックは楽しみにしています。
ついでに昔、お世話になっていた宿の娘さんが選手の一人なのでさらに楽しみです。

でも、いきなりこういうのが起こってしまうとねぇ。

国母が謝罪、五輪出場へ=橋本団長、「責任全うを」と決断〔五輪・スノーボード〕


開幕早々話題になっているこの件だが何故、ここまで問題になっているかというとやはり「オリンピック」だから。これがそこいらへんの市民大会、もっと上の国体などの大会までならまだ「個人の恥、個性の勘違い」で済んだ。


続きからでだらだらと。

「オリンピック」とは世界各国のスポーツマンが集い、競い合い、また交流し合う世界的な祭典であってそこらへんの市民大会とは比べ物にならない格式ある(こういう風に言ってしまうとアレだが)大会。それに出場している選手はその国の代表であり、看板。他国の選手やサポーターはこの祭典で普段縁の無い国の選手達を見、交流し、その国や人々を知り、評価をするわけで。

その中でああいう格好をし、その後の記者会見でもあのような態度を取った国母選手は世界からの「日本」の評価を悪くしかねない。

さらに言わせてもらえば「オリンピック選手達の出場費用」は我々の税金を使い、「選手達の為」に数多くの人が走り回り、調整をしている。個人でお気楽にスポーツをしているのとは訳が違う。その中であのような態度はやはり不適切だと言わざるを得ない。



そして、ネットの各所で「服装くらいで叩き過ぎ」「海外はもっと自由で個性的なんだからいいじゃない」「メダルを取れればいい」「日本らしい問題」と言っている人が結構いたがそれは違う。

海外の公的な場は厳格。
しっかりかっちりしている。
その反動でプライベートがフリーなだけ。
この件が海外で起こったらその選手は問答無用で再教育で出場停止なんじゃないか?

そもそも西欧や中東は厳格な一神教、宗教による支配が長く、それによってモラルや秩序があらゆる場所で浸透していたからこそ現在における個性というモノが光っているわけで。
(要は「神が常に貴方の行動を見ているのだから、常に良き人であるようにしなさい」ということ)


それが元々そういった面では緩い(だからこそ他者を敬い、気遣う道徳面が発達したわけだが)多神教で、それが現代では力を失っていることに加え、戦後、中途半端な西欧化によってこれまた中途半端な個人主義が台頭し、教育は教養や道徳心の無い知識の詰め込みになってしまい、愛国心という言葉に嫌悪感を持つ日本。

立派な大人だというのに常識や礼儀を知らず、立場も意識せず、恥を恥とも思わない人はお話にならない。

「自分だけ良ければいい」「迷惑をかけてなければいい」「もっと各々はじけた個性を」
行き過ぎた個人主義はモラルだけじゃなく社会も崩壊させる。
こういったニュースを見ると改めて日本の将来が不安になる。


まあ、こういった手合いは流石にこの人だけだろうが。
しかし、国母選手ってトリノの時も問題起こしているだよなぁ。
連盟も注意はしてたんだろうが・・・いくら「上手くてメダルが取れそう」だからってそれはこの祭典での趣旨を履き違えてないか。
メダルを取る事が重要なんじゃない。
こういった権威ある大会にまともな人間が(を)「参加する(させる)ことに意義がある」のではと思うんだが。
スポーツマンシップってのは廃れてしまったのかね。


追記:
あぁ、やっぱり欧米で報道されて色々言われたようだ。
そりゃあ、その通りだよ、うん。
スポンサーサイト

Comment

No title

今ローマ帝国に嵌っています。
ポンペイの遺跡は暑くて疲れてぐったりして嫌なとこでしたけど。

ローマ市民の退廃的食生活はなかなか面白いんですけど
羽で喉をクスグって吐いてまた食べるそうで気味悪かったです。
それで時々参考にさせて頂いてよろしいですか?
勿論ある百人隊長の執務室と出所は入れます。
私のブログはhttp://blogs.yahoo.co.jp/parispeko/31303627.html
太字の文

No title

>マデリンさん
はじめまして。

ほう、ポンペイ遺跡まで行った事があるんですか。
羨ましい。

吐いた物は食べませんのでご安心をw
ローマ人は吐いてからまた空腹にしてさらに料理を食べるんですねー。

参考にしていただけるのは光栄ですが特に出所として入れる必要はないと思います。
しっかり調べれば誰でも分かる事ですから。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バンクーバーオリンピック開幕

祝祭ムード一転=開幕日に死亡事故の悲劇-バンクーバー〔五輪〕 ‎21 時間前‎ 昼すぎから行われた国際オリンピック委員会(IOC)の記者会見は沈痛な報告の場に変わった。IOCのロゲ会長、バンクーバー五輪組織委員会のファーロングCEO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。